ブログを移転しました

ブログをリニューアル、そしてアップしました。 今後は以下のアドレスでお願いいたします!! 【えんを描く:いとおしく思える、まちが、またひとつ 】 http://loopdrawing.blogspot.jp/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お互いを知る、思い合う、そのきっかけにart

ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)の アートプロジェクト公募作品展 「共振×響心」展。 http://www.big-i.jp/ 障がいのある方からアートを公募、 応募のあった430作品の中から、 アート界で活躍する6名の審査員により選出された39作品を展示。 東京展覧会にて、 審査員の方々によるギャラリート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリアフリー2012、そこでの出会い

高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展 『バリアフリー2012』と、 超高齢社会を支える慢性期医療の専門展 『慢性期医療展2012』へ。 http://barrierfree.jp/ 福祉関連のシステムやサービス、機器、設備、車両などが インテックス大阪に集結。 セミナーも開催されていました。 「社会復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも、生きていく、生きていきたい

朗読劇団「言葉座」公演『われらの青い星よ』へ。 『沈黙の春』 『​チェルノブイリの歌姫』 『サルと人と森』 『みなまた 海のこえ』など、 環境問題、そして人と自然との関わりの大切さを​テーマにした 幅広いジャンルの作品から、 メッセージを切り取り、​つなぎあわせて、ひとつに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の身のまわりと、世界と、やさしさと

つぶやいていると、 つながっていく感じがします。 点と点がつながって、 何かをカタチづくっていきます。 最近、また何かをカタチづくっていっているような気がして。 自分の身のまわりと、 世界と、 やさしさと。 つながりのありそうなつぶやきを、 まとめてみました。 ★手づくりの石けんを使うようになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『草間彌生 永遠の永遠の永遠』

4月8日まで、国立国際美術館にて。 http://www.asahi.com/kusama/ ほとばしる情熱。 たましいの躍動感。 “この時代の方々”特有の、 自分の内なる魂を表現しつつ、 社会的使命をも持っているという空気感。 命がけで、表現し、 命がけで、平和を祈る。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つながって

ココロのキャンバス上には、 無数の点々があって。 それは、 子どもの頃から、今までにつけた、 いろんな点々。 ふと、何かのきっかけで、 キャンバス上の、ある点とある点とある点…が 輝き出して、つながって。 何かをカタチづくっていく。 あの感覚が、たまらなく好きなんだ。 1月1日 happ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lucky New Year

昨年は誠にありがとうございました。 いろんな方々とのつながりのなかで、 たくさんのことを感じ、思い、考えた一年でした。 ◎ 2010年秋から、2011年、 そして今もなお、 何かを探して、登り続けているような、 そんな感覚があります。 月日を重ねるごとに、 その“何か”は少しずつ、確かな感触となっていき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見直して、来年へつなぐ

昨年末、ブログに 今年やりたいことを、もくもくと書き綴りました。 年末なので、それを見直してみることに。 ★「えんを描く」2号目発行   昨年、4号まで発行しました。 ★「ショートショートストーリー展」参加   天満橋のギャラリー『時色』さんで開催された  上記イベントに参加。  そのほか、『カマタ商店』さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くるくると。

くるくると、感じ思い考えるまいにち。 つらつらと、まとめ。 * 大事なことは、実はシンプル。 * 「会いたい」と言葉にすると、 会えたりする。 * 「何のために」をつきつめると、 誰かのためであり、 それが自分のためでもあり、 やっぱり誰かのためであり… それがくるくると。 * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人ひとりの、ちいさくて、おおきな一歩『全国水都フォーラム@大阪』

水辺のまちづくりに取り組む都市が集う 『全国水都フォーラム@大阪』に参加しました。 http://www.osaka-info.jp/suito2011/event/P_suitoforum.html これまで、感じ、思い、考えてきたいろんなこと。 そして、今。 わたしのなかで、点と点が、どんどんつながって、 “何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢中になって遊んで、思い出す

昨日は久々に… kobe、こうべ、神戸!! ゆったり、どっしりした、街並みがいいですね♪ 街中には、アートなオブジェがアチラコチラに。 娘をモデルに、ぱしゃり。 『ピクニックピクニック2011』へ。 http://picnicpicnic.info/ 三ノ宮から徒歩10分、のびやかなミドリ空…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本気のチャレンジ!! 『大阪勧業展2011』

『大阪勧業展2011』へ行ってきました。 http://www.osaka.cci.or.jp/kangyo2011/ 約299もの、大阪府内の中小企業・団体が一堂に集結。 技術力や企画力、 製品・商品・サービスなどのPR、販路の開拓などを行う展示商談会です。 さまざまな企業・団体が出展されていて、とっても賑やかでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“水辺”でココチよくつながる『親子 de 水都大阪フェス2011』

4歳の娘とともに、『水都大阪フェス2011』へ。 http://www.osaka-info.jp/suito2011/ まずは、娘のお目当てのラバー・ダック前で、写真をぱしゃり。 消防広報車には、自分から「乗りたい!!」と ハイテンションだったのに、 いざとなると、恥ずかしがった…という一枚。 会場…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

めぐる、あじわう、つづく『水辺バル』

いろんな飲食店を、舟ではしご… 水辺バルに参加しました。 http://osaka-mizubebar.seesaa.net/ 大川を行き交う、フネ、ふね、舟!! わくわくする風景です。 昔はもっとたくさんの舟が行き交っていたのでしょうね。 そう思うと、昔と今との二重旅を楽しめるのです。 舟から手を振る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

であう、つながる、いとおしくなる『水都大阪フェス2011』

いよいよ『水都大阪フェス2011』が始まりました。 これから10月31日(日)にかけて、 色とりドリのイベントが開催されます。 http://www.osaka-info.jp/suito/ 『水都大阪フェス2011』のコンセプトは、 “水辺のまちあそび”。 いろんな人と水辺の楽しみを分かち合い、 みんなでまちの魅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見&再発見の連続!!『大阪創造取引所』

10月18・19日に開催された 『大阪創造取引所』へ行ってきました。 http://osaka-torihiki.jp/ そこで、見て、聞いて、感じたことをまとめます。 ●フジ印刷株式会社 http://warpstyle.jp/ 来年のポスターに感動!! 自社の強みである“技術力+ネットワーク力”をP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

支援者と支援先のココロをつなぐ『プロジェクトNext』

岩手県遠野市を拠点に、行政からの支援が行き届かない 自宅避難者や孤立集落などへの直接支援を行う 『プロジェクトNext』。 http://www.project-next.com/projectNext/ メンバーは、 自らも被災した方や被災地出身の方で構成されています。 毎日、支援先に足を運んで信頼関係を築きながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水辺に1日だけ出現したテーマパーク

10月10日、『ベイ&リバーサイドパーティOSAKA2011』へ。 【公式ホームページ】http://www.beripa.com/ 川や海でつながった 福島区・此花区・西区・港区・大正区・住之江区で、 “大阪の水辺がまるごとテーマパークに!”をコンセプトに、 たくさんのイベントを開催。 1つ1つのイベントは小規模で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また来年も。「Happy Birthday!」

中崎町のイロリ村にて開催中の 『PEACE SUMMER Presents ヨリドリミドリ展』へ。 クリエイター45名が集結!! イラストあり、立体あり、写真あり…と賑やかな展示でした。 写真はハイテンションな4歳児が撮影した一枚。 その中に、Ekoさんの バースディケーキをモチーフにした作品がありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more